無理をした人間関係が下痢が続く理由を引き起こす!?

無理をした人間関係が下痢が続く理由を引き起こす!?

 

職場やプライベートでの人付き合いなど人間関係には様々なものがありますが、精神的な負担に感じてしまうようなものも少なからず存在しますよね。特に仕事などでは避けたくても避けられないような場合が多く、ストレスで体調不良が始まって気づけば下痢が続いてしまうようになってしまった人もいるのではないでしょうか。

 

 

【人間関係からくる下痢の理由】

数ある悩みの中でも人間関係は常に上位にあると言えるストレスで、精神的な負担から食生活やウイルスなどに関係なく起こる下痢である過敏性腸症候群を引き起こします。ストレスを感じると人の体は防衛反応としてストレスホルモンを分泌するのですが、このホルモンが腸の刺激となることで発症すると言われています。

 

 

この刺激が長く続くと、腸が少しの刺激でも過敏に反応して下痢になってしまう状態となり、ストレスと下痢の悪循環に陥ってしまうため注意が必要です。嫌な気持ちにされても素直に怒ることが苦手な人やおとなしい人、感情表現が苦手な人などは特に発症しやすい傾向があると言われています。

 

 

【うまく対策するには】

人間関係を気にしない、何か言われても無視するなど、言葉にすることは簡単でも現実的にはとても難しいもの。まずは家族や親友など、自分に対して親身になってくれる人たちに気持ちを隠すことなく話すことで精神的な負担を軽くすることが重要です。家族や親友に話しにくい場合はカウンセリングという手もあります。

 

 

精神的にも辛いのに肉体的にも下痢などで体力や自由を奪われる状況では、ついつい一人で追い詰められるような気持ちになってしまいますが、病は気からという言葉があるように、まずは他人に状況を理解、共感してもらうなどして精神的な負担が軽くなるように動きましょう。そうすることで続く下痢など体調不良も改善に向かっていくことが期待できます。 また、下痢については腸内環境を改善する方法も効果が高いと言えます。

 

 

下痢が続く理由の一つに、ストレスから腸内環境が乱れて悪玉菌が善玉菌より強くなっていることがあげられるため、納豆菌や乳酸菌のサプリメントなどを利用することで悪玉菌を減らしつつ善玉菌が増えて働きやすくなるようにしましょう。下痢を含め体調不良が改善されることで精神的な余裕が作りやすくなるため、結果的にストレスを減らせることにもつながります。

 

 

【まとめ】

精神的なストレスは人間関係と切っても切れない関係にあります。人間関係のストレスで始まった体調不良や下痢は精神的な負担を減らしつつ腸内環境を改善する方向から対応するようにしましょう。ただ、本当に耐えられないほど辛い状況なら転職や人間関係の解消などで身を守るようにしてください。

 

 

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

その食べ過ぎや飲み過ぎが下痢に!暴飲暴食するとなぜ下痢になる!?
自律神経が下痢を引き起こす原因に!?現代社会で疲れている人ほど発症しやすい?
下痢の原因になってしまう抗生物質!なぜ症状が引き起こされるのか!?
浸透圧性下痢の原因は何?こういった症状が出たら危険かも!?
分泌性の下痢って?何が原因になってしまうの?
病原体が原因になってしまう下痢!特徴から注意点まで徹底解説!
病原菌が感染することによって引き起こされる下痢!その種類は?
その下痢の原因はストレスかも!こういった症状があるなら要注意!
仕事のことを考えると下痢になる人!腸管運動の異常が原因になっているかも!
下痢しやすい体質!は腸内に炎症を起こす『滲出性』が原因かも!
下痢の原因は腸内環境の悪化?あまり知らない腸と下痢の関係!
クリーム色の下痢は脂肪分の摂り過ぎ?脂っこい物が好きな人が陥りやすい脂肪性下痢とは?
泥状の下痢は何が原因?改善に確かな実感を得られるある物とは?
ペットが下痢を引き起こす!?下痢が続く人は知っておきたいその原因!
そのストレスフリーが下痢の原因に!リラックスの何がいけないの!?
健康維持の野菜ジュースが下痢を引き起こす?本当は恐いデメリット!