下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢に血が混じっている場合の原因と判断基準は?

 

[血便が出たときの原因]

便に血液がついていたり、血液が一緒に出たりすることを血便といいます。初めて見たりすると、何だかわからず不安になったりします。血便は体の異変で、何かしらの病気のサインなのです。血便と言っても、出血の部位の違いにより色や出血量が違ってくるのです。

 

 

「痔」

血便の色は、鮮やかな赤で、便器やトイレットペーパーが赤く染まってしまうこともあります。イボ痔は、排便時に出血し、肛門から痔が出てくるのです。痛みはないのです。外痔核は肛門の外側に痔が出来た状態で、腫れているので痛みはあります。出血は少量です。切れ痔は、肛門の粘膜が切れた状態なので、排便時に出血と痛みを伴います。排泄後も痛みが残る場合もあります。

 

 

「感染性腸炎」

細菌やウイルスにより発症するのが、感染性腸炎なのです。腹痛、嘔吐、吐き気を伴います。血便を見られることがあります。代表的なものは、O-157、赤痢などがあります。0-157は下痢や腹痛を伴い、血便が見られることがあります。血便は鮮やかな赤い便で、血液が出ると言う感じです。赤痢は、軟便から水様便に変わり、さらに膿粘血便となるのです。

 

 

「潰瘍性大腸炎」

血便は便全体が赤黒い血液が混じり、白く濁った粘液が着いていることがあります。また下痢や腹痛を伴うこともあります。

 

 

「虚血性大腸炎」

下行結腸部分かS状結腸部分に炎症が多く発生し、左下腹部痛後に鮮血便が出るのが典型的な例なのです。熱を伴うことは少なく、腹痛が起きて、すぐに便意をもよおし排便したときに鮮血便が出るのが特徴なのです。便器内が真っ赤になるほど大量出血することもあります。

 

 

「大腸癌」

症状は血便、下血、下痢、便秘を繰り返します。腹痛、お腹の張り、血便はよく見られる症状です。大腸の癌化しやすいところは、結腸癌と直腸癌なのです。結腸癌は小腸に近いところなので、便と混じりやすいく赤黒い便になるのです。下痢や便秘は起きにくいのです。直腸癌は肛門に近いので、下痢になりやすく、排便してもスッキリしないのです。便と血液が混じりにくいので、便に血液が着いたような便となるのです。血液は少し黒ずんでいます。

 

 

「大腸憩室炎」

大腸憩室炎は無症状であれば治療は必要ないのです。便が詰まったりして炎症を起こし、腹痛や下痢、発熱など起こします。赤黒い血便を伴うことがあり、ごく稀に大量出血を起こしショック状態になることがあるのです。

 

 

「まとめ」

血液が便に混じるタール便と便鮮血は、体からの異常のサインなのです。腸炎やポリープ、癌などの病気も隠れているのです。血便やタール便だけではなく、ウイルス性が原因の便なら白色、黄疸が原因となら緑色の便もあります。日頃の排便の観察により、いつもと違う便が排泄されたときは、落ち着いて観察し医療機関を受診しましょう。

 

比較ページへのリンク画像