毒素が原因の下痢って何?改善する為に必要なことって?

毒素が原因の下痢って何?改善する為に必要なことって?

 

下痢に悩んでいる方は意外と多いのですが、これは細菌性食中毒の場合とそれ以外の慢性下痢等に分ける事が出来ます。細菌性食中毒には大きく分けて「感染型」と「毒素型」になります。それぞれに潜伏期間等の特徴がありますが、特に毒素型について調べて見ましょう。

 

 

【毒素とはどんな物で溜まった場合の症状は】

毒素とは食品等に付着していた菌がある期間を得て菌から排出される物で、その菌や毒素が付着した食品を摂る事で食中毒等を発症させてしまう物です。基本的には加熱殺菌などを行う事で菌を死滅させる事が出来ますが、中には熱などに強い耐性を持つ毒素が残り食中毒等が起こります。

 

 

毒素を排出する菌としては、ボツリヌス菌、セレウス菌、ブドウ球菌等が知られており、これらの菌から排出された毒素が私達の体内に取り込まれてしまうと、腹痛や下痢、おう吐や発熱、めまい、時には精神障害や呼吸困難などを引き起こしてしまう事も有り、重篤な場合には命にも関わってくる場合があります。

 

 

【下痢を改善するために必要な事】

食中毒等が原因で急激な下痢になってしまった時や慢性的な下痢症状が続いている場合には、食事の改善と「腸内環境の改善」が必要になります。この腸内環境の改善には日頃の食生活の改善が必要となります。先ず急激な下痢の症状の場合には、食中毒等によって下痢を起こしている可能性がありますので、消化器系の内蔵が弱っております。その為、食事は消化の良い物を摂るようにする必要があります。

 

 

下痢の症状は2日から3日程で治まってくる事が多いので、下痢の症状がひどい間は食事は控え、水分補給をキチンとしておきます。下痢の症状が治まり始めたら消化の良いおかゆやうどん、野菜スープ等を摂る様にしていきます。又、他に消化の良い食材としてはバナナやリンゴ、白身の魚や豆腐等が挙げられますので、下痢の状態を見ながら摂りましょう。

 

 

一方慢性的な下痢の場合には腸内環境を整える事が大切で、その場合には食事の改善と共にサプリメント等を利用して見るのも良い方法です。特に腸内環境を整えるのに効果がある成分としては乳酸菌やビフィズス菌等の成分が配合されているサプリメントが望ましいと考えます。

 

これらの乳酸菌やビフィズス菌は人間の腸内に住んでいる善玉菌の餌になる為、善玉菌の活動が活発になり、腸内の環境が良くなります。そうする事で腸内での水分吸収や栄養分の吸収効率が良くなり、下痢を改善してくれます。

 

比較ページへのリンク画像