下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

下痢の改善効果があるニラの落とし穴!逆に悪化させてしまう場合も!?

 

ニラは昔から下痢に効果があると言われています。ニラを食べることで消化を促してくれ、胃の不快感も解消してくれ、腸を整えてくれる効果も期待できます。こうしたニラが下痢になぜ効果的なのかを知っておくことで下痢になってしまった際に役立つと言えます。

 

 

【ニラは下痢に効果的である】

ニラは冷えたり、食べ過ぎによる下痢の症状を緩和してくれる働きがありますが、そうした下痢の症状を抑えて、腸の働きを整えてくれる理由は、ニラに含まれている「硫化アリル」にあります。この硫化アリルはニラの臭いの成分であり、消化液の分泌を促して、腸内の働きを正常化し、整えてくれる働きによって下痢の症状の緩和につなげてくれます。また、ニラには保温作用もあるのでニラを食べると身体を温めてくれることで、腸の働きを整えてくれます。

 

 

酷い下痢の場合には、ニラの搾り汁を飲むと効果的です。胃腸の調子が悪い際にも有効です。よって、ニラの消化作用によって腸の働きが乱れてしまうことや冷えてしまうことが原因の下痢に対して、ニラに含まれている整腸効果や身体の保温効果によって消化を促し、腸を整えてくれるので下痢の症状を緩和し、改善につなげてくれると言えるのです。

 

 

【食べ過ぎてしまうと下痢が悪化してしまうこともあるので注意が必要】

ニラには不溶性食物繊維を豊富に含んでいます。この不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収して膨らむ性質があり、腸を刺激して蠕動運動を促す働きがありますが、食べすぎてしまうと不溶性食物繊維が腸内を刺激してしまうので、下痢症状を悪化させてしまうことがあります。なので、ニラを食べ過ぎてしまうと含まれている不溶性食物繊維が腸を刺激してしまうので、腸内の働きが乱れてしまうので下痢を引き起こしやすくしてしまうのです。ニラを食べ過ぎてしまうとかえって身体に悪影響を与えてしまうので食べ過ぎには注意が必要なのです。

 

 

【ニラの摂り入れ方】

雑炊にしてニラを入れてニラ雑炊にしたり、切ったニラを納豆と混ぜたり、ニラ玉、おひたし、炒め物、かき揚げなどさまざまな活用方法があります。ニラをさまざまな形で摂り入れることでニラを効果的に摂取することができ、下痢になってしまった時の対処方法として摂り入れやすいと言えます。ニラを食べ過ぎてしまうと腸を刺激してしまうので注意が必要ですが、ニラは身体を温めたり、整腸効果があるので適正な量を摂取することで健康な腸へと改善をサポートしてくれると言えます。

 

 

比較ページへのリンク画像