下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

大豆は摂取の仕方で良し悪しが決まる!恐怖を与える真実とは?

 

みなさんは日頃大豆を食べる機会がよくあるでしょうか?そのまま料理に使われたり、醤油や味噌などの調味料として使われたりさまざまな用途がある食品が大豆です。そんな私たちの生活に欠かせない大豆ですが体に良いことばかりではなく悪い部分があるのをご存知でしょうか。今回は大豆と体の害についてご紹介したいと思います。

 

 

【大豆が引き起こす体への害】

イソフラボン

大豆の成分で有名なのが「イソフラボン」です。イソフラボンは主に女性が摂取することで女性ホルモンを増やしたりします。つまり男性がとってしまうと体内の女性ホルモンが増えてしまい筋肉が育ちにくくなってしまいます。また過剰摂取すればホルモンバランスは狂ってしまうでしょう。

 

 

トリプシンインヒビター

次に紹介するのは「トリプシンインヒビター」です。この成分は体内でトリプシンという成分と結合します。トリプシンというのタンパク質を分解する酵素でとても重要な働きをするのですが、この酵素なトリプシンインヒビターが結合してしまいます。その結果タンパク質の分解を邪魔して、働きをなくしてしまいます。このトリプシンインヒビターが大豆にも含まれているのです。しかし加熱をすることでトリプシンとの結合を阻止することができるため加工食品でない大豆を食べる時には注意が必要です。

 

 

フィチン酸

次は「フィチン酸」をご紹介いたします。この成分のデメリットとしてはビタミンやマグネシウム、カルシウムなどと結合し、働きをなくしてしまうところです。カルシウムや骨を強くしますし、ビタミンは体の調子を整えます。そんな重要な栄養素が吸収されにくくなってしまうのはとても害悪であるといえるでしょう。

 

 

酵素阻害物質

大豆には多くの酵素の働きを阻害する物質が含まれます。本来人間の体は消化器官にある消化酵素が毎日の食事で摂取したものを分解して、体に栄養として吸収します。しかし、酵素阻害物質があれば消化酵素の働きでさえも妨害してしまいます。大豆には他にも植物性たんぱく質などの栄養素が含まれていますがそんな大事な栄養素の消化も邪魔してしまうのです。その結果、消化器官の機能障害が起こる恐れがあります。

 

 

【さいごに】

いかがだったでしょうか。体に良いとされる大豆ですが、体に悪い面もあることがわかりましたね。しかし大豆を食べることが毒と言えるわけではありません。過剰摂取をすることをやめて適量の大豆を食べるようにしましょう。

 

 

こういった大豆の毒を抜くためには、納豆など発酵させた摂取が必要になります。ですので、大豆で健康を目指す方は発酵させてる大豆やサプリなどで安全な摂り方を実践していくようにして下さいね。

 

比較ページへのリンク画像