下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

乳酸菌を摂取することでアトピーが悪化する5つの原因って?

 

乳酸菌でアトピーが悪化してしまうのには5つの原因が挙げられます。

 

 

【原因1:自分の体質に合った乳酸菌じゃない】

乳酸菌は身体に良い効果を引き出してくれますが、体質は人それぞれ異なります。例えば、腸の中に存在する腸内細菌や腸内環境は人それぞれ異なります。効果の出る出ないも人それぞれで、選んだものやその時の自分の体調によっても思うような結果が出ないこともあります。アトピーを改善しようとして腸内環境を整えるために乳酸菌を摂取し続けたとしても腸内環境が人それぞれ異なるので、効果が出る乳酸菌も人それぞれで、人によって合う合わないの乳酸菌も違うので、自分の体質に合った乳酸菌を摂取したことで効果を上手く引き出すことができないものもあり、自分の体質と相性が悪い乳酸菌に当たってしまいアトピーが悪化することがあるのです。

 

 

【原因2:アトピーに効果のある乳酸菌を摂取していない】

乳酸菌を摂取してアトピーが悪化した原因としてアトピーに効果のある乳酸菌ではなかったということも挙げられます。乳酸菌全てがアトピーに効果があるわけではなく、アトピーを改善したいならアトピーに効果がある乳酸菌を摂取する必要があります。その中でも免疫力を強化する効果がある乳酸菌はアトピーを悪化させてしまうので注意が必要です。アトピーに効果的な乳酸菌の種類としてL-92乳酸菌、KW乳酸菌、LGG乳酸菌、乳酸菌シロタ株、LKM512乳酸菌、L-55乳酸菌、クレモリス菌FC株が挙げられます。

 

 

【原因3:カゼイン不足による消化不良】

乳酸菌が多く含まれている牛乳やヨーグルトなどの乳製品にはカゼインというたんぱく質が含まれています。ところが、カゼインはアレルギーを引き起こす要因になることがあります。カゼインを体内に摂取してそれが上手く消化できないことによってアトピー症状を悪化させてしまうことがあります。

 

 

【原因4:ビオチン不足】

ビオチンは抗炎症物質を産生し、炎症やアレルギーを抑制する働きがあり、たんぱく質の産生にも関わっており、皮膚細胞の活性化や皮膚機能の働きを保つ働きがあります。ですが、ビオチンが不足してしまうと皮膚細胞の働きや機能を弱めてしまうのでアトピー症状が悪化してしまうことがあります。

 

 

【原因5:好転反応】

好転反応は症状を治そうと自然治癒が働いている状態のことです。アトピーの好転反応症状としてまず表れるのが下痢です。これは身体の体液を一旦外に出して、体液を綺麗にさせようと身体の免疫機能のために起こります。次に表れる症状が眠気やだるさ、頭痛やめまいなどの緩慢作用です。細胞や免疫の働きを休ませて回復させている状態です。こうして体液を綺麗になると腫れやかゆみが全身に出てくる好転反応が起こります。この時に出るかゆみや腫れは肌のサビを取ろうとして細胞を生まれ変わるために表れます。

 

 

個人差はありますが下痢や緩慢作用、かゆみの好転反応が出て治まるまで2ヶ月くらいかかるとされています。かゆみや腫れが治まると新しい細胞に生まれ変わり、ターンオーバーが行われて症状が改善されます。アトピーの好転反応は一見すると悪化しているように見えるので症状が悪化していると不安になってしまいますが、アトピー症状が回復に向かっている証なので過度な心配は不要です。ただし薬による副作用という可能性も否定できないので心配な場合は医師に確認するのをお勧めします。

 

 

比較ページへのリンク画像