下痢で悩む人の運命を変える乳酸菌サプリ!ワンランク上のおススメはコレ!

そのアトピー性皮膚炎が治らないのは乳酸『菌』の選び方が原因!?

 

湿疹や痒み、肌の乾燥などアトピー性皮膚炎はなかなか改善せず辛いです。そんなアトピー性皮膚炎の発症は乳酸菌を摂取することで抑えられることが様々な研究でわかってきました。しかし、全ての乳酸菌に効果が得られる訳ではないようです。乳酸菌の種類によりインフルエンザに効果があったり便秘に効果があるように、アトピー性皮膚炎に効果が期待できる乳酸菌があるのです。

 

 

【アトピー性皮膚炎は腸内環境の乱れから?】

アトピー性皮膚炎の原因はまだはっきりとわかっていませんが、遺伝のほかにストレスや食生活などの生活習慣で腸内環境が乱れた時に発症することがあります。アトピー性皮膚炎の方に良く見られる特徴のひとつで、腸の壁のバリアが弱くなっていることが上げられます。その弱くなっている部分にアレルゲンは侵入しやすく、侵入することでアレルギー反応を引き起こす原因となります。

 

 

【乳酸菌がアトピー性皮膚炎を緩和】

まずは弱った腸内環境を修復して、アレルゲンの侵入を抑えなければなりません。そこで乳酸菌の登場です。腸内環境を正常な状態に戻すのは生活習慣の見直しも必要ですが、乳酸菌を摂取することで腸内に善玉菌を増やして腸の壁を修復しアレルゲンを侵入させないことが大切です。乳酸菌の種類もいろいろありますが、アトピー性皮膚炎は免疫力を高めるのではなく免疫Th1(感染予防因子)とTh2(アレルギー因子)のバランスと整えることが大切なのです。そのためインフルエンザや風邪対策などに改良された免疫力アップの乳酸菌では過剰な免疫反応を起こしTh1とTh2のバランスが崩れてしまい逆効果の恐れがあります。

 

 

【アトピー性皮膚炎に効果がある乳酸菌】

アレルギー反応を緩和させる効果が期待できる乳酸菌には以下のようなものがあります。

 

  • L-92乳酸菌(カルピスアレルケア、守る働く乳酸菌)
  • 乳酸菌KW3110(ヤクルトノアレ、小岩井プラズマ乳酸菌ヨーグルト)
  • 植物性ラクトバチルス乳酸菌(サントリープロディア、ラクテクト)
  • LGG乳酸菌(タカナシ乳業おなかへGG!ヨーグルト)
  • K-2乳酸菌(亀田製菓ハインハイン)・L-55乳酸菌(オハヨー乳業たっぷり生乳ヨーグルト)
  • 乳酸菌AF-27(アレルバランス)
  • BB536乳酸菌(森永ビヒダスヨーグルト)
  • LKM512乳酸菌(メイトーおなかにおいしいヨーグルト、セブンプレミアムヨーグルト)

 

 

【乳酸菌の摂取方法】

食べる時間は朝でも夜でもいつでも大丈夫ですが、毎日食べ続けて欲しいので時間を決めておくと忘れなくて良いでしょう。また、体質に合う合わないがあるので1ヶ月から3ヶ月を目安に判断し、ご自身に合う乳酸菌を見つけてください。

 

 

比較ページへのリンク画像